■ バイクより保険を最初に考えよう

 クルマの任意保険加入はもはや常識となっていますが、二輪車の任意保険加入委率は3割程度とも言われています。バイクに乗る人に占める若年層者の割合が高いことなどもその原因として考えられますが、交通社会の一員として任意保険に加入することは最低限のマナーです。

 自分は事故は起こさないし、巻き込まれることも無いだろうと思っている方。
ちょっと以下の統計資料をご覧ください。

平成13年の日本の人口は、1億2729万1000人です(「総務省統計局「年報」より)。
平成13年の交通事故負傷者の数は、118万0955人です(法務省法務総合研究所「平成14年版犯罪白書」より)。
平成13年の交通事故死亡者の数は、8747人です(出展同上)。

これを踏まえて考えてみると・・・
 *108人に1人が交通事故により負傷している。
 *14553人に1人が交通事故で死亡している。

 「人が死ぬ」というのはそう滅多なことには起こらないといえますが、負傷者の方を見てみると108人に1人。100人に1人は交通事故に巻き込まれ負傷していることになります。100人に1人となると、かなり身近な数字に感じられますよね。交通死亡事故は平成7年以降、安全装置の開発普及等により減少していますが、負傷者の数は年々増加の一途をたどっています。平成3年から平成13年までの10年間で37万人も負傷者が増加しているのです。



 統計をみても事故は現実に起こりうる問題として認識できるはずです。「免許を取って、念願のバイクを購入しよう」という時には必ず任意保険も一緒に加入するようにしましょう。バイクと保険はワンセット。最初は保険料が高く感じられるかもしれませんが、それは最初の年だけです。次年度から保険を使う事故を起こさなければ徐々に安くなっていきますから、ちょっとばかりの我慢です。


 「でも、保険ってよく分からないなー」、「で、保険っていくらかかんのよ?」という方のために簡単に保険の種類や値段についてまとめてみました。これから保険に入ろうという方はご参考ください。





  まずはじめに…等級など保険料の区分についての解説。

  保険の保障内容…難しい保険用語について簡単に解説してみました。

  契約までの流れ…契約までの流れです。

  オンライン保険見積もり請求…こちらから各社の保険見積もりが請求できます。





HOME