Frequently Asked Questions〜よくあるご質問〜

 サイトを開設して以来けっこうな数のメールをいただきました。
ご意見やご感想なども添えていただき本当にありがとうございます。
その中で、たびたびメールで寄せられるご質問についてまとめてみました。

 

■ 教習料金はいくらくらい?

 地域によって若干の格差はありますが、普通免許なしで普通自動二輪をとる場合だいたい10万から15万くらいが相場のようです。普通免許をお持ちの場合は、これより数万円安くなります。大型自動二輪教習の場合は10万円前後ではないでしょうか。京都など一部の地域では教習所の競争がかなり熾烈なようで、普通免許ありの場合5万前後から教習が受けられるようです。

 これらは公認教習所の価格です。
公認教習所の場合、教習所を卒業しても実技免除にはならない関係でこれより若干安めに価格設定がされています。地域の他の教習所に比べて極端に安い場合は、非公認教習所の場合がありますの注意が必要です。



■ 最初に乗るバイクってどんなのがいい?

 バイクを選ぶ時は自分が好きなモノに乗るのが一番いいと思います。

 乗りやすいバイク、乗りにくいバイクとあるようですが、自分の好きではないバイクに乗っても気分が良くないですよね。多少のクセはあっても動かせないとかそういうレベルのモノではないので乗っていればそのうち慣れますよ。



■ 関東地方でおすすめのツーリングコースとかありますか?

 私は関西在住で、近畿・四国・南九州をメインに遊んでますので中部地方以北のことはよく分かりません。



■ 公園とかでテントはっても怒られない?

 場所とまわりの住民、お巡りさんの判断によります。
他の利用者の迷惑にならないように深夜にテントはって、早朝に撤収するようにすれば問題ないと思いますよ。
当たり前ですが、公園などは火気厳禁です。ガスコンロでもなるべく使わないようにしてコンビニで食事を済ませた方がいいです。



■ すり抜けに関する私のサイトの記述について

 弊サイトにある「すり抜け」に関する考察についてのご質問がたびたび寄せられます。
雑記という形で適当に書いてアップしていたものなので、制作者として正直驚いています。
 予めお断りしておきますが、私は法律家でもなく、交通行政の専門家でもありません。
よって、その内容に関して正確性が担保されているわけではありません。あくまでも、一私人の考察にすぎないとお考えください。

 私がすり抜け(併走)に関してあのように記述した根拠並びに、現状ではどうなっているのかを考えた場合、以下のようになると思われます。とある方からご質問いただいた際に返信したものをそのまま掲載しておきます。

1,車両通行帯のない道路では左側を走行する旨の規定(道交法18条)がありますから
車両通行帯のない道路での併走はできないと解すべきではないかと思います。
 
 
2,軽車両(自転車等)については明文で並進の原則禁止が定められています(19条、63条5)。
 しかし、自動車についての規定がないため自動車の場合は並進が可能か否かが問題となります。
 
 軽車両の並進禁止のみを規定した制度趣旨は不明ですが、
自転車等は細い路地等でも並進できるので特別に規制したものと思われます。
 
 
3, では、自動車の場合はどうかというと、並進は当然禁止であるから規定しなかったともとれますし、並進は可能ともとることが出来ます。
 
この点につき、一般原則である安全運転義務違反(70条)に照らして判断すべきであると考えます。
 並進をすることで突発的な危険の回避が出来ない場合や(例えば、動物が飛び出してきたり道路に落下物があった場合の安全な回避、二輪運転者転倒時の二次事故の回避など)、他の追越し、追抜きの車両の妨害になる可能性がある場合などは安全運転義務違反が問われることになります。
 
 
 平成13年の改正で規定された共同危険行為の禁止(68条)では、並進等により危険を生じさせたり、
他者に著しく迷惑をかける運転を取り締まれる旨を規定していますから、
撮影等により長時間並進させる状況を生じさせる場合は直接的に68条違反を問われることはないでしょうが
安全運転義務違反に問われる可能性は十分にあると思われます。
 
 
 路上を使用しての撮影は、規模にもよりますが警察署長の許可が必要な場合がありますから
撮影予定場所の所轄警察署にご相談されてみては如何でしょうか。
 
 
 なお、当方法律専門職ではございませんので、回答内容につき
その正確性、その他一切の責任について担保致しかねますので、その点十分にご留意願います。
業務上ご参照される場合は弁護士等へご相談ください。
 
@MotorBIKE OVER TheRoad
制作者
海保



 私が解釈の根拠として挙げている大阪高裁の下級審判決の全文は、裁判所の下級審主要判例検索で閲覧することが可能です。全文をご覧いただきたい方は裁判所のサイトから判例検索をしてください。






■ バイクメンテナンス一般に関するご質問について

 私自身初心者で、メカ音痴なのでこの辺りのことについてはサッパリ分かりません。

一応、いっちょまえに「バイクメンテナンス」なんてページも置いていましたが、あれは私のメンテナンスの記録みたいなモノで、バイクメンテナンス一般について解説したモノではありません。よって、メンテナンスのご質問がある場合は弊サイトのリンクにある”教えてバイクメンテ”というサイトをご利用になるといいかと思います。



■ サイトの定期更新はないのですか?

 誠に申し訳ございません。
あくまでも私の楽しみの一つとしてサイト運営をしていますので、忙しかったりすると更新が著しく遅れたりすることもあるかと思います。ツーリングレポートなどは行かなければ更新することは無いと思います。

 その他の部分に関しては、大変恐縮ですが気長にお待ちください。



■ 広告を載せてほしい

 今年になってからたびたびメールをいただいていますが、当サイトの内容と著しくかけ離れているものはお断りさせていただいております(例:メール広告系、アダルト系、内職系など)。



■ リンクに関して

 リンクは原則的にトップのページであれば、ご自由にして頂いてかまいません。
制作者へご連絡いただかなくてもかまいません。自分でお薦めのサイトだと自薦される方、リンク集のトップに紹介用のバーナーを貼ることも可能です。バーナー希望という旨をお書きください。



■ メールの返事が来ない!

 なるべく全てのメール(広告除く)に返信するように心がけています。
しかし、最近長い間留守にすることが多く、メールを受け取って2週間以上経ったりするせいで全てのメールにご返事差し上げられない状態にあります。一応、全てのメールに目は通すよう心がけておりますので何卒お許しくださいませ。

 教習の体験談に関しましては、全て保存して弊サイトにアップするようにしておりますので
なかなか掲載されない場合は「早くしろ!」と一言かけていただくとありがたいです。


 なお、メールの送信にはスパムメール対策でCGIを利用しています。
たまにメールが正しく送信されてない・・・なんてこともあるようです。
返信ご希望の方は直接<taku@theroad.777.ac>にメールをお送りくださいませ。
 *アドレスはスパムメール対策でリンクしていませんので、お手数ですが直接入力してください。





HOME